SDGs

一般社団法人岩手県産業資源循環協会
SDGs宣言

 

一般社団法人岩手県産業資源循環協会はSDGsの達成のため、
以下について取り組むことを宣言します。

2021年7月21日
一般社団法人岩手県産業資源循環協会
会長 濱田 博

岩手県産業資源循環協会は、「産業廃棄物の適正処理、再生利用等に関する指導、調査研究、研修及び啓発事業を行うことにより、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図り、もって県民福祉の向上に寄与する」という団体の目的をもとに、会員企業及び職員がSDGsの趣旨を理解し、排出事業者・行政・県民の方々と連携し、持続可能な社会の実現に努めてまいります。

取組目標及び主な取組み

No. 取組目標及び主な取組み SDGsゴール
1 【目標】
産業廃棄物の適正処理、リサイクルの推進
資質向上・組織強化に向けた会員への支援

【取組内容】
・会員企業に対し、廃棄物処理法改正等の情報提供、社員向け研修会、講師 派遣を行い
産業廃棄物の適正処理を推進する。
・優良な産業廃棄物処理業者の育成。
2 【目標】
自然災害に備え、各支部、青年部会、行政と連携し発生時に迅速な対応をする。

【取組内容】
・災害廃棄物処理協定に基づき、対策会議及び訓練を年1回以上行う。
・岩手県、市町村との災害廃棄物処理協定に基づき、災害が起こった際は迅速な対応をする。
・海岸の清掃活動「海ごみゼロウィーク」に参加する。
3 【目標】
会員企業の社員及び事務局職員が仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を図り、やりがいを持って働き、
多様な生き方が実現できる職場環境をつくる。

【取組内容】
・男性も女性も仕事と家庭の両立ができるように、働き方改革の促進を支援する。
・廃棄物処理業界(エッセンシャルワーカー)のイメージアップを行う。
・女性の参画及び平等なリーダーシップの機会を確保する。

活動の様子

1.産業廃棄物処理実務者研修会を開催しました。

2.海ごみゼロウィーク活動を宮古市女遊戸海岸で行いました。

3.依頼のあった会員企業に出向き、産業廃棄物の適正処理研修会を開催しました。

4.「災害時における災害廃棄物の処理等に関する協定」を岩手県及び県内全市町村締結する予定です。
(令和2121日釜石市との調印式の様子)

Page top